大阪市 ごみ減量・リサイクル施策に係る意識調査 平成23年度 インターネットアンケート調査にご協力ください

調査の目的

 大阪市では、持続可能な循環型都市の構築に向けて、平成21年6月12日の「大阪市廃棄物減量等推進審議会」の答申主旨を踏まえ、「ごみ処理(焼却)量を、平成27 年度までに110万トンまで減量する」という、新たな目標を設定しました。
 この目標設定は、大阪市域における平成19年度のごみ処理(焼却)量は、約148万トンとなっておりましたが、大阪市域内で発生するごみ(一般廃棄物)の6割を占めている事業系ごみについて、「他の政令指定都市の平均並にまで減量すること」や、現在、焼却処理されているごみの中から、「『紙ごみ』などリサイクル可能なものを可能な限り資源化した場合」の想定などとともに、大阪市のめざす「環境実践都市」の実現といった観点も総合的に勘案したものであります。
 また、最近の主なごみ減量・リサイクル施策としては、平成18年10月に「粗大ごみ収集の有料化」、平成20年1月からは「中身の見えるごみ袋」の排出指定制度を実施しています。
 今後、より一層のごみ減量・リサイクルを推進していくためには、ごみの排出者である市民・事業者の理解と協力が必要となります。
 そこで、大阪市のごみ減量・リサイクル施策などについて、市民・事業者の認知度や実践度について調査し、今後の大阪市施策に反映するための基礎資料とすることを目的として本調査を実施します。
※なお本調査結果を上記目的以外に使用することはありません。

調査の対象

「市民の意識調査」の対象となる方
大阪市内(24区)に居住する20歳~69歳までの市民の皆様
※性別・年齢・居住区により、募集人数を決めています。募集人数に達し次第、回答を締め切らせていただきます。
「事業者の意識調査」の対象となる方
別途調査依頼する事業者様
ご協力ありがとうございました募集人数が上限に達しましたので締め切りました
ご協力ありがとうございました募集人数が上限に達しましたので締め切りました
調査の実施について
本調査は、株式会社ルートが大阪市からの委託を受け行っています。本調査にご回答いただきました内容は「大阪市個人情報保護条例」に基づき適正に取扱うとともに、大阪市への集計結果提出後は責任をもって破棄します。
→大阪市ホームページはこちら
プライバシーマーク

当社は個人情報の取扱いを適切に行う企業として認定を受けたプライバシーマーク付与事業者です。

このサイトについて
当サイトの閲覧環境として、Microsoft Internet Explorer 7 以上 / Firefox 3 以上を推奨環境といたします。また、快適に閲覧・入力いただくため、JavaScript を使用しております。ブラウザの設定で JavaScript を無効にされている場合、表示や一部機能が正しく動作されないことがあります。ご覧になる際にはブラウザ設定で JavaScript を有効にしてください。上記の環境設定にてご覧頂いた場合でも、お使いの各ブラウザ設定等によって、正しく表示されない場合がありますのであらかじめご了承ください。